基礎化粧品で若い肌を取り戻す【40代でも遅くないケア術】

女性

保湿をしてたるみ予防

化粧品でエイジングケア

女性

40代になると皺やほうれい線が目立ってきてます。今は40代でも女子大生のように若々しい美魔女が沢山いますが、そうした美魔女を目指したいなら、エイジングケアができる成分が配合された化粧品でスキンケアをすることです。年齢を重ねるごとにコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの潤い成分がどんどん減少していくので、普段のスキンケアでコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を補う必要があります。また、40代になるとターンオーバーの乱れによって肌のバリア機能が低下し、乾燥や紫外線の影響を受けやすくなります。ケミカルピーリングをしたり、ビタミンC誘導体を使ってスキンケアをすることで、ターンオーバーを正常化させることができます。

人気のセラミド化粧品

40代からのスキンケアに人気なのが、保湿成分が配合された化粧品です。保湿成分は沢山ありますが、特に注目されている成分が「セラミド」です。セラミドは、高級化粧水や美容液などにも配合されている、エイジングケアには欠かせない成分です。セラミドはもともと表皮の細胞と細胞のあいだにある成分で、肌の水分を保つ役割を持っています。セラミドは年齢と共に減少していきますが、セラミド化粧品をつけることで、失われていく保水機能を補うことができます。セラミドの中でも「天然セラミド」と「ヒトガタセラミド(セラミドナノスフィア)」は人間の持つセラミドと近い構造を持っているので親和性が高く、しっかり肌に浸透して乾燥を予防してくれます。