基礎化粧品で若い肌を取り戻す【40代でも遅くないケア術】

女性

更年期のスキンケア

更年期のスキンケアの今後

女性

医学や薬学の進歩によって、更年期障害を改善するための医薬品は効能を高めている。医学や薬学の進歩の恩恵は化粧品にも及んでおり、更年期の40代向けの化粧品は期待できる効能が大きく向上している。更年期の40代の肌に一番必要とされるのは潤い成分である。スキンケア化粧品に含まれる保湿成分はいろいろあり、自分の肌質に最も適したスキンケア化粧品を選ぶことができる。今後も医学や薬学、バイオテクノロジーの進歩によって、保湿性に優れたスキンケア化粧品の開発が進むと考えられる。40代のスキンケア化粧品の中で特に人気を集めているのは、ドクターズコスメである。ドクターズコスメにはEGFなどの成長因子が配合されており、優れたアンチエイジングの効果を期待することができる。

スキンケアの豆知識

女性は更年期の40代になるとホルモンバランスが崩れて、肌のハリや潤いが減少する。肌のたるみも目立つようになってくるので、化粧品によるスキンケアが非常に大事になる。30代までの化粧品は保湿性の高さが最も重要であるが、40代になると保湿性が高いだけでは不十分である。40代になると古い角質によって肌がくすんでくるので、成長因子を補給することが必要になる。成長因子とは、皮膚細胞のターンオーバーを活性化させるための成分である。主な成長因子にはプラセンタやEGFなどがあり、肌の細胞を若返らせる働きがある。プラセンタやEGFを配合している化粧品は優れたアンチエイジングの効果が期待できるので、40代の肌には最適な化粧品である。